キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 互助会と葬儀社の違い : 千葉の葬儀情報支援

互助会と葬儀社の違い

千葉の葬儀情報支援

千葉県で一般的な葬儀を行う場合、互助会に積み立てるのと、葬儀社を選ぶのとでは、どんな違いがあるのでしょう
千葉の葬儀情報支援mainイメージ

互助会と葬儀社の違い

千葉県で葬儀の準備をする際に、葬儀社に依頼するのか、互助会などにあらかじめ積み立てを行うのか、この二つの違いは何なのか知っておくと、いざという時にあわてずに済みます。

一般的な葬儀社は、お住まいのエリアに精通している会社が多いです。

つまり、その地域に特有の習慣を理解している地域密着型の会社です。

病院をベースに営業を行う会社もあるので、身近な人が病院で亡くなると、そこから葬儀までは自動的に行われるようなところがあります。

葬儀社は数も多く、対応できる葬儀も幅広いため、自分の希望に合った葬儀ができる会社の見極めが肝心になります。

互助会は、互助会の会員として会費を積みたてます。

毎月一定額積み立てると、結婚式、葬儀のような冠婚葬祭に際して、今まで積み立ててきたお金を使うことができるというものです。

互助会にお金を積み立てているお年寄りに多いのが「自分の葬儀の面倒は自分で見る、互助会に入っているから葬儀で余計な費用はかからない」と過信している人です。

互助会の積立金だけで葬儀ができることは少なく、多くの場合に差額を別途支払うことになります。

多くはコース料金になっています。

そのため、千葉県の標準的な葬儀のレベルを考慮すれば、積立金だけではカバーしきれなくなります。

互助会の会員としてお金を積み立てているというのは、金融機関にお金を預けているような気持ちになりがちですが、銀行と違い、互助会は倒産してしまうリスクもないとは言えません。

預貯金なら低金利とはいえ、金利もつきますが、互助会のお金に利息はつきません。

家族と自分の葬儀について、オープンに話をするのに抵抗のある人は少なくありません。

自分の親の葬儀を出した経験があれば、自分の葬儀に関して前もってある程度の準備をすることに違和感を持たない人もいるでしょう。

遺された子供たちに迷惑にならないように、終活を考え、どんな会社や団体がそれをかなえてくれるのか、冷静に判断することが大切になってきます。

◇こちらもCheck!→《URL:http://manetatsu.com/2013/08/23068/

Copyright http://www.twelve71.com/ All Rights Reserved.